年々評価が高まる! アメリカワインの特徴

ワインで有名な生産国はフランスですが、今は世界中いたるところで素晴らしいワインが生産されています。

特にニューワールドと呼ばれているワイン産地が近年評価を獲得しており、その勢いは今も止まりません。
ここでは、そんなニューワールドの筆頭、アメリカのワインについてまとめてみたいと思います。

アメリカワインの特徴【まとめ】

アメリカは非常に広い国土を持つ国ですが、ワインはカリフォルニアやオレゴン、ワシントンなど西海岸に集中しています。

近年ではニューヨークなどでもワイン造りが盛んになりつつありますが、基本的には西海岸がワイン産地として考えて良いでしょう。
では、もう少し細かくアメリカワインの特徴を見ていきましょう。

① カリフォルニア州がアメリカの生産量の90%を占めている

アメリカのワインの生産量は、前述した西海岸、カリフォルニアがほとんどを占めています。その生産量は何と90%で、北部が高級ワイン、内地や南部がテーブルワインを生産する地域と大まかに分けられています。

アメリカの西海岸は、乾燥地帯であり、雨量もそこまで多く無いことからブドウ栽培に向くと言われています。

ブドウ品種は、カベルネソーヴィニョンやメルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨンブランが主なところですが、プティヴェルドやシラーズ、ジンファンデルなどから造られるワインも有名です。

近年、シャルドネ種のワインではなくシュナン・ブランの生産量が増加傾向にあると言われており、今後のトレンドはシュナン・ブランなのでは、と専門家たちから指摘されています。

引用:http://us-ranking.jpn.org/California.html

② テーブルワインから高級ワインまで幅広い選択肢がある

アメリカワインの特徴は、高級ワインからテーブルワインまで、幅広い選択肢が揃っているところです。
カリフォルニア北部のナパヴァレーには、カルトワインと呼ばれているブティックワイナリーが点在し、1本数十万円を超えるワインが造られています。

一方セントラルコーストなどは、手軽に手に入るカジュアルなワインが生産されており、日常使いできるワインから晴れの日用のものなどが多く揃います。

近年では、オレゴン州のピノ・ノワールやシャルドネ、海沿いの産地のスパークリングワイン、ワシントン州のブティックワイナリーにも注目が集まりだしています。
今後も、アメリカワインから目を離すことができないでしょう。

③ ワインの生産量は第4位

カリフォルニアがワイン生産量の9割を占めている、アメリカ。
その生産量自体も、世界規模だと言われています。

2000万へクトリットル以上を生産しており、フランスやイタリア、スペインといったワイン大国に次ぐ、世界第4位の生産量を誇っています。
ちなみに、2014年には年間3億3960万ケースが消費されたということで、ワイン消費量は世界で最も多いという記録を成し遂げました。

生産量より、飲んでいる量が多いと言われてるアメリカは、ワインが日常生活に根付いた国なのではないでしょうか。

アメリカの気候の特徴

アメリカは、前述したように乾燥地帯であり、ワイン用ブドウの栽培に適している土地です。
しかし、アメリカの天候を一括りにするのは難しく、当然ながら産地によって気候区分は細かく別れます。

例えば、カリフォルニアであれば海沿いが冷涼になるためブルゴーニュ系の品種の品質が良くなると言われています。
また、内部は温暖なためボルドー系やローヌ系品種に向くとも言われます。

ちなみに、太平洋側ではブドウ生育期間に雨量が少ないため、健全なブドウ栽培が可能とされています。
今後も、アメリカワインは注目され続けて行くことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする